2023年11月21日

「沢尻エリカ降板事件」の真相明かされる! 鈴木おさむ氏が振り返る衝撃の瞬間




恋人はまだ作るな!
大人のための恋愛コミュニティサイト

→→【無料体験受付中】←←



こんにちはマッチングアプリ専門家の角川昴です。
本日も、最新情報をお届けします。

放送作家・鈴木おさむ氏が、プロデューサーで演出家の佐久間宣行氏のYouTubeチャンネルに登場し、芸能界で目撃した伝説の瞬間ベスト10の中で、「沢尻エリカ降板事件」に関する衝撃のエピソードを語りました。詳細をご紹介します。

事件の舞台裏
2008年、映画「ハンサム★スーツ」の脚本を手がけた鈴木氏は、当初北川景子を主役に予定していました。しかし、スケジュールの都合で断念せざるを得なくなり、その代わりに当時ブレイク中の沢尻エリカが起用されたといいます。

沢尻エリカの交際と撮影開始
沢尻エリカが撮影に入る数カ月前、彼女がハイパークリエーター・高城剛氏との交際を始めたことが発覚します。この情報が明るみに出た頃、プロデューサーから「沢尻さんが台本で思うことがあるから会いたい」との連絡が入ります。これが、後の降板の兆候だったと鈴木氏は振り返ります。

沢尻エリカの断りと北川景子の急遽の起用
英勉監督と鈴木氏、プロデューサーの3人で沢尻エリカのもとを訪れると、彼女は笑顔もなく、「私のコメディセンスとこの脚本にズレが出てきた」と述べ、降板を申し出たといいます。プロデューサーと監督が説得するも、沢尻エリカの決断は揺るがず、結局、北川景子が急遽起用されることとなりました。

衝撃の断りの瞬間
鈴木氏は、沢尻エリカが断りを告げた瞬間を振り返り、「その言葉を聞いた瞬間に終わったと思って。これを覆すのは無理だと。センス全体の話で、要は嫌だと」とその時の心境を語ります。彼の予感は的中し、映画の舞台あいさつでの「別に」という発言が大きな話題となりました。

マネジャーの後日談
鈴木氏は後日談として、当時のマネジャーが後に「ももクロ」をプロデュースする川上さんだったことを明かしました。彼女は当時の悔しさを晴らすべく、ももクロを成功に導いたと鈴木氏は感じているようです。

まとめ
「沢尻エリカ降板事件」の舞台裏には、芸能界の厳しさや人間関係の複雑さが垣間見えるエピソードが隠されていました。鈴木氏の証言からは、一つの出来事が裏で繋がっていく、不可解な芸能の舞台裏が垣間見えます。

■■最近話題のマッチングアプリと無料or格安情報

■華の会メール
マッチングアプリで人気急上昇中。
すでに実績多数で、自由な恋愛成就が多数報告されていますので要確認です。
中高年の為の恋愛応援サイト

【まずは無料体験!】






■ハッピーメール
ちょっと危ないイメージ?!
危ないイメージだからこそ多くの人が興味をもって集まっているんです!
業界最大のマッチングアプリなので本当の出会いを楽しんでいる人達が急増中。
効果が証明されたマッチングアプリのため、あなたにも本当の出会いがあるので、要チェックです。
ハッピーメール会員募集(18禁)





■マリッシュ
シンママ、シンパパの再婚を応援するマッチングアプリ。
平均3ヶ月半で素敵なカップルができていて、さまざまな特典が用意されています。
再婚を希望する方はお勧めです。
結婚・恋愛マッチングサービス

いいね婚「マリッシュ」/R18






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までご覧いただき
ありがとうございました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 角川昴 at 07:18| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする